【YouTube動画】低緊張の自閉症児によく見られる体の課題3つと予防・改善方法

自閉症スペクトラム児の場合、低緊張のお子さんが過緊張のタイプに比べて圧倒的に多いです。

低緊張の場合、将来身体的な問題が表面化してくることがよくありますが、今回はその代表的な3つの問題についてご紹介(理由と予防・改善方法)しています。

幼児期のうちに適切に対処してあげることで、将来起こりうる問題を予防してあげましょう!