【お知らせ】神戸新聞WEBまいどなニュースで記事を書きました。今回は超不器用なお子さんの特徴と家庭でもできる練習方法

超不器用とは、「日常生活に支障が出るほどの不器用さ」を指します。

何もないところですぐに転び、頭や歯を打つ、ハサミが使えない、ボールがキャッチできない、などの状態のことを指します。

このような超不器用の裏には、「発達性協調運動障害」が潜んでいるかも知れません。

脳性麻痺や、筋肉や関節などに異常がないにも関わらず、上手く体をコントロールできない場合に、この診断が付くことがあります。

子どもの6~10%程度はいると言われる、発達性協調運動障害。

「もしかしてうちの子かも?」と感じたら、記事を読んでみてください。

お家でできる取組方法も書いています。

 

まいどなニュースで読む

ヤフーニュースでも配信されています。

Yahoo!ニュース
ジャンプできない、はさみが使えない…それって「発達性協調運動障害」かも…効果的...
私は、全国各地の保育園やこども園で、保育士さん向けに乳幼児の運動発達に関する講義を行なっています。その質疑応答の際、「何もないところですぐに転ぶ」「手先が極端に不器用」といったご質問をいただくことが - Yahoo!ニュース(まいどなニュース)