【採用情報】児童発達支援管理責任者1名【発達支援ゆず】

ゆずをご利用の方から、クリスマスカードをいただきました。そして鈴木言語聴覚士がゆずを卒業します

本日を持ちまして、言語聴覚士の鈴木がゆずを卒業いたしました。

これまで鈴木のレッスンを受けてくださった方々には、改めてお礼申し上げます。

写真に写っているのは、今日お越しくださったママさんからいただいたクリスマスカードです。

鈴木言語聴覚士、岩井心理士、そしてゆずのおっちゃんにまで!手書きのカードをくださいました。

めちゃくちゃ嬉しい!!

特に今年は、新規事業所のオープンもあったので、仕事に明け暮れた1年でした。

睡眠・食事・入浴以外の時間は、すべて仕事をしていたように思います…。

でも最後にこんな素敵なカードをいただけて、本当に一年の疲れが吹き飛ぶような気持ちになりました。

このカードをくださったママさんは、今日でゆずを卒業する鈴木に、「カード読んだら、涙を流してしまうかも知れませんよ!」と笑いながら仰っていました。

そういいながら、ママさんは少し涙ぐんでいるようにも見えました。

ゆずの運営者として、本当に嬉しく思いました。

このママさん以外にも、鈴木の退職を本当に残念がってくださった方が多くおられました。

本当にありがたいことです。

このカードのメッセージにもある「来年もよろしくお願いします」という言葉が、今更ながらジーンと胸に響きます。

来年もまた、一緒に頑張れるって、とても素敵なことじゃないですか?

人生は一期一会ですが、「来年もよろしく」という言葉は、ご縁が継続していく嬉しさがあふれた言葉だと思います。

鈴木言語聴覚士は今日で最後となりましたが、ゆずで出会えたお子様とママさんとの想い出を胸に、これからも頑張っていってほしいなと思いました。

カードをくださったママさん、最後の日に来てくれた2組のお子様とママさん、そしてこれまで鈴木の言語聴覚療法を受けてくれたすべての方へ。

本当に、ありがとう。

そして、鈴木言語聴覚士。

ゆずで働いてくださって、ありがとうございました。