2018年11月17日(土)セミナー開催! 「学習に遅れのあるお子さんに対するつまずきの評価と指導のポイント」

個別学習支援塾「寺子屋ゆず」の公式サイトが完成!幼児期の遊びや取り組みが学習に関係する話も併せて

理学療法士は、もう辞めたのか?

このところ、サイト作ってばっかり。

昨日、児童発達支援事業所「発達支援ゆず 本山ルーム」のサイトを公開したばかりですが、今日は個別学習支援塾「寺子屋ゆず」のサイトが完成し、公開しました。

スゴイぞ、このペース(笑)。

1日一つのサイトOPENです(一昨日は弊社サイトがOPENしました)。

一体自分の仕事は、何がメインなのか分からない(笑)。

少なくとも理学療法士ではないのです。

学習支援塾のテーマは、「可能性を広げよう」

さて、この個別学習支援塾「寺子屋ゆず」のテーマは「君の可能性を広げよう!」です。

学習に遅れのあるお子さんの学習面での苦手なところ、課題の底上げを行なう塾なのですが、単に学習をすることが目的でないのが、ゆずらしさ。

学習力の向上➜達成感を実感・よく頑張ったと褒められ体験➜自分に自信が付く➜他のことも頑張ってみようと挑戦する。

これが最終目標です。

つまり、学習における課題の底上げは、あくまでも手段でしかないのです。

ここの手段と目標のところが、よく間違えられるので、注意が必要ですよ。

そこを間違うと、可能性は広がりません。

幼児期の活動や遊びは、学習の伸びに密接に関係する

本題とは少し離れますが、小学校に入ってから学習面を伸ばそうと思うなら、幼児期が大切です。

「幼児教育」のことではありません。

幼児期の体作りや運動が、小学校高学年からの学習に役立つのです。

「え?本当かいな?」と思われるかもしれませんが、私が保育士さん向け講義で必ずといっていいほどお話しする、大切なお話なのです。

 

特に、「のぼる」遊びが大切なのです。

のぼる遊びは、小学校4年生からの算数問題を解く力などに関係します。


※これが講義で使うスライド。ボディイメージが養われるのですね。

気になる方は、11月17日(土)のセミナーにお越し下さい(なんという姑息な手段(笑))。

学習塾講師のイワセンの言葉から

寺子屋ゆずの教室長イワセンこと、岩井は次のように語ります。

イワセン

「小学校の高学年になって、学習のつまずきを感じる方は多いですが、実はそういうお子さんの場合、低学年あるいは幼児の時期から、つまずきの一端が見え隠れしていることが多くあるのです。この時から勉強の仕方を工夫するなどしておけば、高学年になってからの困り感を予防することができるのです」

学習って、体作りと同じですが、少しずつ積み上げていくものです。

だから、問題が表面化した時に、手立てをしても、どうしても限界があるのです。

もちろん、高学年からでも修正できることはあるのですが、如何せん相当のエネルギーが必要です。

だったら、できるだけ早いうちにお子さんの特性を評価し、将来起こりうる課題を予測し、その対策を立てておく、というのが最も効率が良いわけです。

 

イワセンの話を聞いていて思ったのは、「子どもの姿勢や体作りと似ているなあ」ということ。

幼児期の姿勢の崩れや悪さは特に問題ならないけれど、成人した人の姿勢の悪さは基本的にどうしようもない。

修正はできないことはないけれど、やはり相当の時間と本人の意識付け、周囲の協力が必要になります。

でも学習と同じで、多くの方が、「まだ小さいから」「もっと大きくなってからでいいや」「やる気が出たら、できるようになるし」と考えがちです。

未来なんて誰も予測できないから、そう思うのも仕方ないのですが。

じゃあ、学習面の心配があったら、どうすればいいのか?

クドいようですが、11月17日(土)のセミナーを受講ください(笑)。

それだけだとイジワルみたいだから、少しご紹介。

先程もいいましたが、幼児期では、体作りとバラエティ豊かな遊び、そして「のぼる遊び」をしましょう。

また、感覚刺激が好きなお子さんなら、好きな感覚刺激をいっぱい入れることもいいですね。

トランポリンとか、ぐるぐる回る遊びとか、単に走り回るとか。好きなものでOK。

遊ぶ時間も、子どもが満足するまで。

子どもによって満足するまでの時間は違うので、大人の感覚で飛ぶ回数や回る回数を捉えないこと。

 

また、屋外遊びは「勉強の前にさせるのか」、「後にご褒美として置いておくのか」、は悩むところと思いますが、私は「勉強の前」をお勧めします。

その理由は、しっかりと刺激が入り、気持ちが満足すれば落ち着いて勉強に向かいやすいからです。そのほうが勉強の効果が出やすいのです。

 

さらにお子さんが「目を上手く使えているかどうか」もしっかり評価してあげましょう。

「目が上手く使えないことが原因で、学校の勉強に遅れていく」という事例はとても多いです。

目を上手く使えないお子さんの場合、体の使い方が器用でなかったり、バランスが悪い、よく転ぶ、ボール遊びが苦手などの特徴がありますので、チェックしてみましょう。

そういう視点で学習指導を行なうのが、寺子屋ゆずなのです

いかがでしょうか。寺子屋ゆずが、一般的な学習塾と違うことが分かっていただけたでしょうか。

お子さんの特性を評価し、学習が遅れている原因(要因)をまずはキチンと把握することから始まります。

 

さらに、心理士としての評価、教師としての評価に加え、ご希望があれば西村が体の評価についても、イワセンと一緒に実施します(ご希望の方だけです)。

姿勢や体の使い方の課題などが、どう学習に影響を及ぼすのかについても、合わせてお話します。

これは、他にはない、ゆずならではのサービス。

我ながらいいサービスだと自負しています(笑)。

 

ということで、寺子屋ゆずにご関心をお持ちになりましたら、できたてホヤホヤのサイトへお越しください。

併せて、11月17日(土)のセミナーにもどうぞお越しください。場所は神戸市東灘区民センターです。

寺子屋ゆずのサイトへ行く

セミナー詳細を見る