学校での学習の遅れを底上げ!ゆずの学習支援が開講!

【予告】学習に遅れのあるお子さんのための学習支援教室を始めます【小学生・年長児対象】

この度弊社では新たに、主に小学生(または年長)のお子様向けの学習支援塾を開講することとなりました。

これは、学習に遅れがあるお子様を対象に、学習面での一定のスキルアップを目指す学習塾です。

一般的な塾が発達の遅れのある子どもにとってマイナスになる理由

学習に遅れがあるお子様は、目がうまく使えないなど身体的な状況が要因となっていたり、文字や数字の概念理解が不十分であるなど、お子様によって原因や要因が違います。

そのため、みんなと同じことをすることが基本の一般的な塾では、どうしても個性に合わせた指導に限界があります。

また、教える先生が発達障害などに詳しくないと、「先生ができないことを指摘することが多くなる→子どもが余計に自信をなくす→勉強への苦手意識が強くなる→ますます学習の遅れが目立つ」という悪循環を生んでしまいます。

良かれと思ってさせていることが、実は逆効果だった、ということは学習に限らず、療育の分野でもよくあることです。

その原因のほとんどが、「子どもの状況や課題がきちんと評価されておらず、適切な取り組みができていない」ことによります。

また、「学習の遅れにつながっているのは、何なのか」といったことを適切に評価(周りの理解も含む)しないまま、詰め込み学習をさせても、効果が出るはずがありません。

そればかりか、上にも書いたように、多くの場合「余計に学習が苦手になった」という結果を招いています。

学校で補講のような取り組みができればいいのですが、学校の先生はとにかく忙しく、時間的余裕がないことが多いため、ひとりひとりの課題に徹底して付き合うことは現実的に難しいです。

そのため、小学校入学後、徐々に学習の遅れが目立ちはじめることがありますが、高学年になって授業内容が複雑になると、授業スピードについていけず、ますます遅れが目立つようになります。

ゆずの学習支援は、学習スキルの向上だけが、目標ではない

こういった「将来起こるであろう問題」を予測し、問題が大きくなる前から手立てを講じていくと同時に、お子様の特性に合った学習支援を行っていくために、ゆずの学習支援教室を開講することとなりました。

けれど、ゆずの学習支援教室の最終目標は、学習レベルの底上げではありません。

本当の目標は、学習レベルを向上させることで、「勉強が分かった!」「ぼくにも(わたしにも)できた!」という達成感を持ってもらい、やがて「自分に自信を持った子ども」「挑戦してみようと思える子ども」を育てていくことです。

学習の底上げやスキルアップは、そのための手段です。

正式なリリースまで、今しばらくお待ち下さい

現在事業開始に向けて、準備を進めています。

10月中または、11月より事業を開始する予定です。

詳細については、当ブログ、ゆずのツイッターゆずのFacebookページなどでご案内いたしますので、チェックしていただければと思います。

【2018.10.11追記】

11月3日(土)開講が決定しました!詳細は、以下のリンクから。

発達障害や学習障害のある小学生のための学習支援塾【寺子屋ゆず】

関連記事

発達がゆっくりなお子様に対する学習支援のポイントは、「正しい評価」「個別環境設定」「達成感」の3つ

よろしければ学習支援のアンケートにご回答ください

もしゆずの学習支援を受けるなら、どのポイントを重視しますか?(2つまで選べます)

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...