言葉の遅れ・吃音のあるお子様のためのオンラインレッスン

【動画で自己紹介】ゆず言語聴覚士の鈴木にインタビューしてみた

5月よりゆずスタッフとして、お子様のことばの評価とレッスンを担当してくれています、言語聴覚士の鈴木ですが、今回動画に登場してもらいました。

お硬いご挨拶動画はつまらないので、インタビュー形式にしてみました。

 

ちなみに、インタビューでも答えていますが、鈴木の特技は「モノづくり」だそうです。

服や、おもちゃ作りなど、その守備範囲は広いようです。

もちろん、レッスンで使う教材も、そのほとんどが手作りです!

これは、本当にすごい教材です。私も初めて見た時、驚愕しましたよ。

なんじゃこりゃー。クオリティが高すぎるっ!!

 

ゆずにあるだけでも、かなりの教材の数なのですが、自宅にはその数倍の教材があるとのことです。

 

これもゆずメソッド!言語聴覚士の手作り教材で楽しくて効果的なレッスンを! ※ご関心のある方は、こちらの記事もどうぞ。

 

そして、「お子様が楽しくレッスンができるように、という思いを込めて作っているんです」とのこと。

普通、ベテランセラピストになると、惰性で仕事をする人が多いんですけどね。

いや、若いセラピストでも、「給料貰えばそれでいいや」的な人も結構いるんですけどね。

いつも言いますけど、そんなセラピストに担当されたら、ハズレ!ね。

でも「嫌だから担当者変えて!」とか言えないことが多いですけどね。雰囲気的に。

閑話休題。

自分の職場のスタッフのことをいうのは手前味噌のようでアレなんですが、仕事に真摯に向き合う鈴木言語聴覚士は、セラピストのお手本のようなセラピストです。

 

そんな優秀なセラピストに対して、うんちくん指し棒でインタビューする代表。

もうね、代表者を交代した方がいいかもね。

そうだね、きっとそのほうが上手くいくかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。