【採用情報】児童発達支援管理責任者1名【発達支援ゆず】

「決断」「スピード」「行動力」

ゆずのネームプレートデザインを担当してくれた、理学療法士の井上篤史氏(通称あっちゃん先生)。

彼は、理学療法士養成校の同級生で、昨年末ひょんなことから再会し、「おっさんセラピスト同士、何かやろうぜ!」と色々企画・実行している信頼できる友人です。

あっちゃん先生は、訪問リハビリのスペシャリストなのですが、本業以外にも似顔絵を描いてTシャツやコップなどにプリントしてくれるネットサービスも行っています。

私の似顔絵Tシャツです(笑)。

そんなあっちゃん先生が、ご自身のブログ「Lively Life!!.」の記事「セラピストのこれから【さまざまな役割】」の中で、「新しい働き方をするセラピスト」の先駆者の一人として、私西村を紹介してくれました、

セラピストのこれから【さまざまな役割】

旧友に褒めてもらうのは、嬉しいやら恥ずかしいやら、ですが、自己肯定感が上がるのは間違いありません(笑)。

以下、記事より引用。

最後に、ブログでもたびたび紹介している神戸ことばとからだの発達相談室【ゆず】代表のたけぴよ先生こと西村 猛さん。

イケメン度では私に一歩譲るものの(個人の印象です)、さすがは社員とその家族の人生を背負っているだけあって、決断力と行動力とスピード感では、私など彼の影すら踏める気がしません。

しかも彼の話を聴いていると、困難な事でも簡単にできそうな説得力と魔力があります。

そんな彼が最近また新しいプロジェクトを始めたようです。

どんなことになるのか、楽しみですね。

ん?ちょっと気になる発言が。
「イケメン度では私に一歩譲るものの…」

Σ( ̄ロ ̄lll)

まあ、いいけどね…。

特に嬉しかったのは、「決断力と行動力とスピード感では、私など彼の影すら踏める気がしません」のところ。

なぜなら、ゆずでは、決断・行動・スピードのどれも大事にしているからです。

スピード

お子様の困りごとに対して、すぐに対応する(お申し込みから最短1日でご来所可能)」、「今日行った評価やレッスンの『振り返りメール』は、今日または翌営業日にお送りする」などです。

スピード感ある対応は、ゆずらしさとして、私がスタッフに必ず求めているものです。

ゆずでは、「また今度でいいや」といった仕事の仕方は、絶対に許されません。

決断

チームリーダーである私の最も大切な役割は、「決めること」です。
決めたことは、必ず行動(実行)に移します

もちろん、その決断が間違っていなかったか、ということについては常に自問自答を繰り返しています。

行動

行動を積み重ねることで、行動力になっていきます。

そのためには、計画→実行→評価→改善の繰り返しです。

例えば、レッスン中に保護者の方に聞かれて、答えられなかったことがあったとします。

普通なら、「次回来られるまでに調べておいて、ご来所時に回答する」となります。

ゆずは違います。

「お子様とママさんが帰られた後、すぐに検索する、調べるなどし、分かった時点で、すぐにメールで連絡すること」を当たり前のルールとしています。

ゆずは自費サービスの事業所ですから、全額自己負担でご利用いただいています。

そのため、公的制度を利用したところと同じ様なサービスを提供しているようでは、存在意義がありません。

逆に「自費サービスだからこそ、できること」があり、「お子様の発達のために本当に必要なサービスや支援」を行うことができているという自負があります。

これからも、「自費療育=サービスの品質が高い」を標準化していきたいと思います。

ということで、あっちゃん先生、ブログでのご紹介ありがとうございました!