セミナー開催!「言葉の遅れがあるお子さんの言葉を引き出すコツ」5月30日神戸市内

5月30日のセミナーは、残り7席となりました【5/16現在】


※ビューティーモード使用

東灘区民センターに行ってきました

本日、5月30日(水)のセミナーの会場費の支払に、神戸市東灘区民センターに行ってきました。

東灘区民センターは、JR神戸線住吉駅と渡り廊下でつながっています。

屋根のあるアーケードなので、雨の日でも、濡れること無く駅から会場に入っていただけます。

 

ちなみに、JR住吉駅は、快速停車駅です(新快速は止まりませんのでご注意下さい)。

大阪駅から快速で、約20分です。

明石から約30分、姫路から50分程度です。

5/16現在、残席7となりました

今回予約した会議室は、定員が20名なので、セミナーの受付人数も20名とさせていただきました。

今日現在、残り7席です。

 

うわー、満席になればいいなー。

もし、満席になったら、プロフィール画像でもかぶっている「うんちくんハット」をかぶって、登壇します!

 

って、誰が喜ぶんだ?(笑)

鈴木の話がメインです。西村は単なる盛り上げ役!?

つい先日まで、アメリカで療育を行っていた言語聴覚士の鈴木のお話は、色々とご参考にしていただけるものと思います。

まあ、私西村も、「言葉の発達の基礎を作る」という意味で、体の発達や脳の発達からみた言葉の育ちについて、外堀的な話をしますけれど。

あれです。前座です。

 

ちなみに、アメリカの療育といっても、何か特殊なsuper&ultra&specialなtechnicalな話ではなく(アメリカっぽく書いてみました(笑))、ママさんご自身の考え方や子育ての捉え方を考える機会にしていだけるようなお話になるようです(鈴木に直接聞いたので、間違いありません)。

「言葉を引きだすコツ=小手先テクニック」ではありません

巷にはこういう小手先テクニックをさも効果があるように謳っているものもありますが、騙されてはいけません。

 

そもそも言葉って、りんごの絵を見せて、「はい!りんごっていいなさい!」って覚えさせていくようなものではないですからね。

自ら覚えて、自ら話すように「引きだす」ものです。

もし、読者の方に中に、「そうやって教えていくのが言葉のレッスン」と思っておられる方がいらっしゃったら、「それは間違った捉え方です!」と軽く訂正しておきます(軽いのか?)。

「療育」の捉え方も違う

そして、いわゆる療育というものに対する考え方が、日本とアメリカではまるで違う。

お役所のサービスは間違いない、っていう考えとかね。

福祉サービスはあって当たり前というのも、ない。

 

例えば、車椅子が必要な人がいても、自分で車椅子が必要だと声をあげなければ、誰も手を差し伸べてくれない。

日本だとおせっかいなほど、あれこれ声をかけてもらえるのに。

 

けれど、私は、ここに問題があると思っています。

受け身だと、楽でいい。

でも、相手の都合の良いように振り回されたり、間違った方法を押し付けられているかもしれない。

だから、自分が賢く立ち回るのが最善。

 

例えば、公的療育機関。

役所の人だから、間違ったことは言わないと思う?

えーっとですね。。。

これだけは言えます。

 

もし、私の子どもが療育を受けるなら、公的機関は受けさせません。

 

公的療育機関の中の人だったからこそ、内情を知っているからこそ言えるのです。

そもそも、なぜ、誰も彼も「月1回という療育頻度」だと思いますか?

その理由はですね。

えーと、当日セミナー内で質問してください(笑)。

バンバン裏事情をお答えします(笑)。

 

あれ?「まだ療育で消耗してるの?」シリーズみたいになっちゃった!

今受けている療育は、本当にお子様とママさんの役に立っていますか?【まだ療育で消耗してるの?】
我が子の応援団(味方)になってくれる人を増やそう!【まだ療育で消耗してるの?】

ということで、セミナーまであと2週間です!

子どもには子どもの人生があるように、保護者の方には、保護者の人生がある。

だから、賢く立ち回ろう!

親だって自分自身を大事にしよう!

ゆずではこんな考え方を持って、子育て支援をしています。

言葉を引きだすコツを学んでいただきながら、子育てに対する考え方をもう一度見直す機会にしていただければいいなと思っています。

 

鈴木と西村で、「受けて良かった!」と言って頂けるセミナーとなるよう、頑張って準備しています。

 

というか、そう言っていただける自信があります。

お申込みくださった方、楽しみにお待ち下さい!

 

子どもたちに大人気、うんちくんハットも用意してお待ちしています。

セミナー詳細&お申込み

【2018.5.19】
残り1席となりました。
キャンセル待ちは受け付けていませんので、お急ぎください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。