学校での学習の遅れを底上げ!ゆずの学習支援が開講!

息の長い子育てを続けるポイントは、ママさん自身の時間を持つこと

子育ては長丁場。悩みはつきません

子どもを育てていると、ママさんの心配ごとはつきません。

なかなかたっちができないと、「どうして歩かないんだろう」「何か私の関わり方がいけないのかなあ」。

言葉が出ないと、「どうしたら言葉が出てくるんだろう」「どんな方法が効果的なんだろう」。

こんな風にママさんは、每日每日悩みながら、考えながら、自分を反省しながら、子育てをしています。

 

私も長年の療育現場で、多くのママさんのお悩みを伺ってきましたが、我が子のことを心配していないママさんは、誰一人いませんでした。

そして、まじめで一所懸命なママさんほど、自分で自分を責めたり、自分を犠牲にしたりしてしまいがちです。

 

子育ては長丁場です。

赤ちゃんの時には赤ちゃんの、幼児になったら幼児の、小学校に上がれば小学校の、思春期には思春期の、それぞれ悩みは変わっていきます。

息の長い子育てをしていかないといけません。

ママさんはドロップアウトができません。

子育てのポイントは「ママさん自信を大切に」

長丁場の子育てを続けていくためには、どうすればいいのか。

それは、ちょくちょく休憩を取ることです。

休憩とは、ママさんが「自分のことにも時間を使う」「自分のために何かをする」ということ。

それが「自分自身を大事にする」ということにつながります。

時々、そんな時間があることで、「よし!また一つ頑張ろう」と思えるはず。

 

例えば、每日每日息もつけないほど忙しいと、紅葉を愛でる余裕はないですよね。

でも、カフェでホッと一息つく時間があれば、カフェの窓から紅葉を楽しむことができるかもしれない。カフェに置かれた雑誌の、紅葉特集の記事を見ることができたかもしれない。

そうすると、少しだけ非日常を感じることができ、それがリフレッシュにつながりますよね?

気持ちの切り替えもできますよね?

 

心に余裕を持つためには、自分のために使う時間を作る

これがポイントです。

たった10分でもいいので、每日の中で、そういった時間を持ってみてください。

自分のために時間を作ることは、子育てにも効果的!

そしてそれは、ママさんだけのことではなく、子育てに効果的なことがあるんです。

それは、「我が子の置かれている環境を冷静に見ることができるようになる」ということです。

気持ちが疲弊していると、視野が狭くなるので、我が子の置かれた環境にまで目が行き届きません。

いつまでも周辺しか見えなくなってしまいます。

それが、また不安を生む要素になり、負のループに陥ってしまいます。

 

ママさんが心に余裕を持つことで、お子様の環境を「客観的に」見ることができるようになるのです。

そして次第に、どうやって環境を設定してあげるとよいか、それは誰に相談すればよいか、が分かるようになります

 

ママさんがすべてを引き受ける必要はないんです。

ママさんは、色々な人や専門家に頼ったり、相談したりすることを決めるコーディネーターであればいいんです。

我が子のコーディネーターであることが、ママさんの役割です。

そのために、客観的な視点を保つ必要があるのです。

 

我が子に合った環境設定の仕方や、誰に相談したらいいか分からない時は、いつでも私たちに声を掛けて下さい。

一緒に悩んで、一緒に考えて、一緒に実践していきましょう。

 オススメ本

にしむらたけし

保育の第一人者である、東京大学名誉教授汐見稔幸先生の著書。
汐見先生の本は、とにかく分かりやすいです。

そんな汐見先生が、クレヨンしんちゃんの野原家から親子のあり方を解説してくれています。
私も購入して、読んでいます。