2018年11月17日(土)セミナー開催! 「学習に遅れのあるお子さんに対するつまずきの評価と指導のポイント」

子どもの姿勢と体作りのコツが良く分かる!ゆず代表西村が発行しているメールマガジンのご紹介

ゆず代表の西村です。

私は、昨今問題になっている、子どもの姿勢の悪さをどうにかしたいという思いから、2013年に「子どもと姿勢研究所」というサイトを立ち上げました。

このサイトは、「なぜ子どもの姿勢の悪さが問題なのか」、「どうすれば姿勢は良くなるのか?」、「なぜスポーツをさせているのに姿勢が良くならないのか」、などといったことについて、医学的根拠を元に、誰にでも分かりやすく解説しています。

数年のサイト運営を通して、コラムニストとしての仕事をいただいたり、講師として講義依頼をいただいたり、様々なメディアからの取材を受けたりしました。

そして、今年の8月、子どもと姿勢研究所を法人化し、対象を発達障害のあるお子様にも広げ、障害のあるなしに関わらず、子どもの健全な体作り、心作りを推進していくことになりました。

 

さて今回は、このサイトの中で発行している、メールマガジンのご案内です。

メールマガジンでは、子どもの体作りや姿勢発達などに関することを西村が分かりやすく解説しています。

エッセイのようなものではなく、あくまでも姿勢がよくなる取り組み方法、姿勢改善のコツ、幼児の体作りの注意点など、役に立つ、そして明日から使える情報を書いています。

 

すでに保護者、教諭、児童指導員、保育士、ヨガインストラクター、理学療法士など、色々な職種の方にご登録いただいています。

 

登録、購読は無料です。

またご登録特典として、これまで発行したメールマガジンがダウンロードできます。

 

■これまでの配信メルマガタイトル(一例)

■たけし先生の姿勢と体作り講座

【姿勢を良くするためのコツは、体幹筋の強化よりも習慣付け】

【姿勢の悪さがメンタル面に及ぼす影響】

【赤ちゃんが生きて行くための知恵!?原始反射のお話】

■サイトには書けない、ここだけの話

【精神論で姿勢は絶対によくならない】

【発達が標準かどうかを気にしたところで意味は無い】

【学校で「器械体操」を教える先生が少なくなっていることの弊害】

子どもの姿勢に悩んでいたり、もっと体作りの知識を持ちたいという方はぜひご登録ください。

下記のバナーからご登録をどうぞ。