【採用情報】言語聴覚士・作業療法士・心理士・保育士・児童指導員を募集します

自閉症児への予定の伝え方には、工夫がいります。画一的な対応では本当の課題が見えません

「自閉症児には、予め予定を伝えておくとよい」ということは、自閉症スペクトラム児への対応としてよく聞く話です。

例えば、保育所や学校で一日の流れを説明しておいたり、次にする活動をあらかじめ伝えておく、などです。

次に行う活動が分かっていると、安心するため、待つことができるというのがその理由です。

ところが、予定の伝え方にも工夫がいる、ということについて、事例を通してご紹介します。

Aくんは、自閉症スペクトラムのお子さんで、地域の保育所に通っています。

今していることの次の活動が、とても気になるAくんは、いつも先生に「次は?」と繰り返し聞きます。

先生が次の活動を伝えても、それでも「次は?」と何度も聞いてきます。

先生は次の活動を伝えているのに、次は?と聞いてこられるので、困ってしまっていました。

そのことをママさんから相談された言語聴覚士が、「それは、次の活動が知りたくて聞いているのではないと思います。きっと時間が気になっているだと思いますよ。保育所で次の活動が始まる時間が分かる工夫をしてもらってください」と時計盤を使って時間を伝えるという方法や伝え方などを、ママさんにお伝えしました。

そのことをママさんから聞いた保育所の先生は、次のような伝え方の工夫をしました。

1.これまで通り、前もって次の活動を伝えておく

2.その時に、その活動がいつからはじまるのか、時計盤を見せて伝える

時間が分かるように、時計盤を作り、次の活動の内容と始まる時間を伝えるようにしました。

そうすると、Aくんの「次は?」がなくなったそうです。

このように、画一的な対応方法(Aくんの事例でいうと、次の活動内容を伝えておくこと)では、子どもによっては、あまり意味がないこともあるのです。

つまり、画一的な指導方法では、本当の課題解決には向かいません。

例えば、巷に流布する療育における「◯◯法」などの小手先テクニックの多くは、テクニックにお子さんを合わせるという傾向にあります。

しかも、お子さんにとって効果がなければ、「お子さんの適応能力が低いから効果が出ていない」という判断されることも。

そうなると、ママさんは子どもに合った療育を求めて探しまわることになってしまいます。

こうなると本末転倒です。

そもそも療育は、「その子に合った課題設定や環境を整え、その子が楽しく暮らしていけるためのお手伝い」であるのに、療育のための療育場所探しになってしまうのは問題です。

そうならないためにも、まずお子さんの現状や訴えたいこと、あるいは周りの状況をしっかりと確認するという作業が必要になります。

一般的によいとされている対応をしていても、なかなか上手く行かない、とお悩みのママさんや先生方。

一度、本当にその方法が、お子さんに合っているのかどうか、という視点で考えてみてください。

解決方法が見つかることがありますよ。