【採用情報】児童発達支援管理責任者1名【発達支援ゆず】

自閉症スペクトラム児の小さな小さな頑張りを、見逃すな!

あるママさんから伺ったお話です。

息子さんは、自閉症スペクトラムの特徴があるお子さんでした。

彼は、運動会で使う、鼓笛隊の衣装を着るのがどうしてもイヤでした。

だから、いつも衣装を着ることを拒否して、ママさんを困らせていました。

保育園の先生も、運動会の前日まで、着させてみようと何度かトライしましたが、どうしても着たがりません。

ママさんは、「やっぱり無理かな?」と思い、先生にも「無理やり着させてパニックになるよりも、普段通りの格好でいいから楽しく参加させてほしい」と伝えました。

保育園の先生も、賛同してくださいました。

 

運動会の当日。

 

我が子の出番を、観客席で待っていたママさんは、やがて息子のクラスが出てきた様子を見て、驚きました。

なんということでしょう。

我が子が、鼓笛隊の衣装を着ているではありませんか!

 

あれだけ嫌だと言って、一度も着なかった息子が、今、自分の目の前で衣装に身を包んでいるのです!

そして、最後まで衣装を脱ぐことなく、またパニックになることなく、演技終了まで過ごせたのです。

ママさんは、息子がどんな理由かは分からないけど、何がそうさせたのか分からないけど、一所懸命頑張ったんだな、と我が子を愛しく思ったそうです。

 

後で先生に聞いてみると、こんなやり取りがあったそうです。

 

出番の直前、お友達はみんな衣装に着替え始めました。

その時、先生がその子に向かって、「着てみる?」と何気なく聞いたところ、「うん」と言って、黙って着替え始めたそうです。

それも嫌がることなく。

そしてそのままパニックになることなく出番を迎えたそうです。

 

この話を聞いた時、ママさんはこう思ったそうです。

「この子なりに、頑張ろうとしているんだな」と。

 

彼のしたことは私たち大人からしてみると、小さな変化かもしれません。

人によっては、「ほら!ちゃんとやろうと思えば、やれるじゃないの!」と、さも当たり前のこととして捉えるかもしれません。

 

でも、それは違います。

 

私たち大人は、彼の小さな頑張りを見逃してはいけないのです。

彼の頑張りを見つけ、認めてあげるべきなのです。

それが、私たち大人の役割なのです。

 

ママさんによると、その演技の後もパニックになることなく、過ごせている我が子が、いつもに増して楽しそうで、力強く見えたそうです。

 

自閉症スペクトラムのあるお子さんも、彼等なりに頑張っているのです。

「この子はこうだから…。」とか「どうせ無理だし…。」といった言葉は、彼等の可能性を奪っていきます。

 

私たち大人は、子どもの課題を見つけて、修正させるために存在するのではありません。

小さな頑張りを見つけ出し、子どもを認め、その頑張りをそっと見守り、心から応援することこそ、大人の役割です。

 

そして、ママさんが気付かないくらい小さな小さな頑張りを見つけ出し、ママさんに伝え、子どもを認め、もっと伸ばしてあげることができる人こそ療育のプロです。

 

私たちは、そんな療育のプロであり続けたいと思っています。