【採用情報】言語聴覚士・作業療法士・心理士・保育士・児童指導員を募集します

noteで記事を更新しました。療育の基本にあるものは何か?それは、「生きる喜びを感じてもらうこと」

noteというサイトで記事を更新しました。

noteでは、療育改革実践家という肩書きで、療育にまつわること、療育の課題、私の考える「新しい療育の在り方」について考えています。

療育の基本は、課題の克服や、問題点の改善ではありません。

生きることの応援、です。

発達の遅れがあっても、なくても、体に不自由があっても、なくても、将来に不安があっても、お子様には「生きるって楽しい!」と感じてほしい。ママさんには「子育てって楽しい!」と感じてほしいと思っています。

そのために、専門家ができること。

それは、問題点を見つけて指摘することだけではないはずです。

お子様のよさや可能性を見つけ出し、引き出し、応援することです。

それができるから、専門家なのです。

療育を受けようかどうしようか、と悩んでおられるママさん、パパさんにはぜひその視点で、療育というものを捉えてみていただきたいと思います。