お子様の姿勢の悪さが気になりませんか?

☑椅子に座っているとすぐに体が崩れてくる

☑字を書く時、体が斜めになっている

☑姿勢を正しなさい、と何度言っても変わらない

☑保育時間や授業中、すぐに立ち歩く

発達障害のあるお子様に特化した姿勢教室

発達障害のあるお子様(または発達に遅れのあるお子様)の場合、椅子に真っ直ぐ座れない、体が崩れやすいなどの姿勢の問題が良く見られます。

「やる気がないから」と言われてしまうこともありますが、やる気では解決しないことが多くあります。

例えば、「筋肉が上手く使えてない」「ボディイメージが分かりづらい」「椅子が体に合っていない」などが原因になっている場合です。

また、授業中などにじっと座っていることができず、すぐに立ち歩くお子様の場合、「じっと座るのが疲れる」など椅子や体の問題が立ち歩きの原因になっていることもあります。

そして、こういった姿勢の悪さは、授業に集中できないなどの理由から学習面の課題につながります。

また、姿勢の問題を放置していると、将来的に二次障害と呼ばれる症状(側弯(背骨の変形)や、膝の変形、視力低下、腰や肩の痛み、手のしびれなど)が出てきやすいため、子どものうちにしっかりと予防しておくことも大切です。

ゆずの姿勢教室は、姿勢が崩れる原因について医学的側面から評価し、一人ひとりに合わせた取り組み方法をご提案します。

姿勢教室詳細(完全個別制)

対象のお子様

■発達障害または発達に遅れがあり、姿勢の悪さや体の使い方が気になるお子様(幼児~小学生)

対象のママさん

■お子様の将来を考え、「今できることは何か」を考えようとしているママさん。

■体作りにおいて「みんな同じ運動をする」ことに違和感を感じているママさん。

※ゆずの姿勢教室の理念をご理解いただけるママさんが対象です。

姿勢教室の流れ

初回(相談・評価・アセスメント)70分

1.問診
ママさんが感じていること、お子様の普段の生活の様子などを聞き取ります。

2.お子様の評価
体の発達や運動指導のプロである理学療法士が、筋力・柔軟性・バランス能力・歩き方・体の使いかたなどのテストを行い、姿勢が崩れる原因を探ります。また椅子に座る姿勢なども評価します。

3.日常で取り組める方法の提案
家庭や学校など日常の中で取り組める、姿勢改善方法(環境設定や簡単な運動方法)について提案・指導します。

2回目以降(振り返りと再評価・課題の再設定)40分

1.振り返り
初回相談でお伝えした取り組みについての経過をお聞きます。

2.再評価
必要に応じて、再評価を行います。

3.新たな課題設定や取り組み
次回までの取り組みを提案・指導します。

※取り組みの効果判定や身体機能面の変化をチェックするために、定期的なご来所をおすすめします(頻度はご相談下さい)。

ご注意事項

※トレーニング教室ではありません。

ゆず代表の西村(理学療法士)が担当します

西村猛(臨床経験26年の理学療法士)

一般社団法人 子どもの姿勢とこころの発達研究所代表理事
子どもと姿勢研究所主宰(子どもの姿勢が悪くなる原因や改善方法などについて、医学的根拠を元に、様々な発信をしているサイト)

療育機関で、体の発達の遅れのあるお子様のリハビリや、発達障害の通園施設で姿勢や運動能力を評価し、改善への取り組み指導をしてきました。
あまり知られていない、発達障害のあるお子様の姿勢や運動面の課題について、積極的な情報発信をしています。

詳細なプロフィールはこちら

ご利用時間・料金

回数内容時間料金(税込)
初回相談・評価・問診
・体の評価
・日常でできる取り組み方法の提案・指導
70分70分8,640円→7,344円(2017.12までモニター料金)
2回目以降・経過確認
・再評価
・次回までの取り組み内容の設定・指導
40分5,400円

初回ご相談のお申し込み

この内容で送信してよろしければチェックをいれてください。


お電話でのご予約も承っています。

 

※保育所など事業所様への研修会、実技講習会などは別途こちらからお問い合わせ下さい(一般社団法人子どもの姿勢とこころの発達研究所)。